【今日は何の日?】12月6日『姉の日』はサンタクロースに関係あるって知ってた?




四児パパ@おとん(雄豚)@4little_pigsです、こんにちは!

父の日、母の日は国内的にとても有名なイベントで、毎年のように「父の日に何をプレゼントする?」「母の日はどうしようか」と話題になっていますね。

実は父母以外にも、兄弟姉妹の日もあったんです。知ってました?

今回はその中でも126日『姉の日』について、その由来やちょっとした雑学をご紹介します!

 

姉の日の由来は?

漫画家であり、兄弟姉妹型の研究者である畑田国男(はただくにお)が1992年に制定しました。

妹の日のちょうど3か月後、そして、「3姉妹を救った伝説」として有名な聖ニコラウスの命日であること、ということで12月6日が姉の日となったんです。

ちなみに、姉を含め兄弟姉妹の日はこの通りです。

  • 兄の日:6月6日
  • 弟の日:3月6日
  • 姉の日:12月6日
  • 妹の日:9月6日

すべて6日となっていて、3か月ごとに弟(3月6日)→兄(6月6日)→妹(9月6日)→姉(12月6日)と順番が回ってきます。

 

さて、聖ニコラウスの命日が妹の日の由来に関係しているとは、一体どういうことでしょうか?

 

聖ニコラウスって誰?

聖ニコラウスって急に名前を出されても、誰?と思いますよね。

実は誰もが知っている、クリスマスに大活躍のあの白ひげのおじさん、サンタクロースの起源が聖ニコラウスであると言われています。

4世紀頃の東ローマ帝国の一部であるミラという地域で司教であったニコラウス。ある時、貧しさのあまり3人の娘を身売りしなければならない家族を知ったニコラウスは、真夜中にその家の窓から金貨を放り投げました。その金貨が、暖炉に吊るしていた靴下の中に入ったといいます。そして、翌日その靴下に入っていた金貨のおかげで娘の身売りを免れました。

この逸話が由来となり、真夜中に家に吊るされている靴下の中に、プレゼントを入れるというサンタクロースの伝承が生まれました。

 

オランダ語の「シンタクラース」がサンタクロース?

ニコラウスは教会で聖人の地位に挙げられており「聖(セント)ニコラウス」と呼ばれています。

「聖(セント)ニコラウス」をオランダ語では「シンタクラース」と呼んでおり、これをアメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝えたと言われています。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら