網走オホーツク流氷まつり2018!日程や見どころは?




オホーツク海に面した、「網走」。広大な土地に広がる豊かな自然は、訪れる人を感動させてくれるところですね。

四季折々、自然が作り出している美しさを感じることができますが、今回は冬のイベント「網走流氷祭り」についてご案内いたします。

網走の冬の風物詩といったら「流氷」。例年1月から3月の時期にオホーツク海に到来します。冬の体験として、また自然の壮大な魅力を確かめたくてここを訪れる方もたくさんいます。

そして、この2月の流氷の時期に行われるのが『網走オホーツク流氷まつり2018』。広大な土地に作られる数々のダイナミックな雪像は圧巻です。

そして見るだけでなく、食もアクティビティーも体験できる大満足のイベント。寒さも吹き飛んでしまうような体験を求めて、冬の網走にでかけてみませんか?

網走オホーツク流氷まつり2018の基本情報

開催日時:2018210日(金)~212日(日)

場所:網走商港埠頭特設会場  北海道網走市港町網走商港埠頭

アクセス:
<バス>JR網走駅から道の駅流氷街道網走までバスで10分、そこから徒歩10
<車>女満別空港から国道39号経由22km30

人手数:約13万人

駐車場:第一、第二駐車場、無料

     第二駐車場から会場まで無料シャトルバスあり

問い合わせ先:あばしりオホーツク流氷まつり実行委員会(網走市観光課)

公式サイト:http://abashiri.jp/tabinavi/18ryuhyomatsuri/index.html

網走オホーツク流氷まつり2018の見どころは?

見所はなんといってもこの大迫力の雪像と氷像。細部まで緻密に作られているその様に驚きと感動を見る人に与えてくれます。

網走航空自衛隊制作のもの、そして市民が作ったものもたくさん並んでいます。その数の多さとそしてあらためて市民にも愛されているイベントだ、ということを感じさせるラインアップです。

壮大なものから、かわいいキャラクターものまで鑑賞できるのはこちらのイベントならでは。ステージでは、市民参加のパフォーマンスや、ゲストを招いてのショーも開催されます。

そして夜にはこれらの作品がライトアップされます。こちらもとても幻想的で、明るい光のもとで見るのとはまた違った趣が。どちらもぜひ楽しんでください。

そして夜は花火も打ち上げられます。氷像と花火のコントラストがとても素敵ですね。

 

網走オホーツク流氷まつり2018のお楽しみ情報

イベント会場では、「オホーツク流氷輪投げ」というゲームが開催されます。お祭りでよく見る輪投げの氷版ですね。見事に輪がかかると商品がもらえます。子供が喜びそうなイベントですね。

そして会場では、網走の味覚を買い物できる「物産館」があり、人気のズワイガニや、たくさんの新鮮魚介類を買うことができます。もちろん会場内でも「味覚館」としてカニの鉄砲汁や、ハモ丼など地元の料理を堪能できますよ。

 

網走オホーツク流氷まつり 周辺のおすすめスポット2

①オホーツク流氷館

住所:北海道網走市字天都山245-1

オススメポイント:家族で楽しめる流氷館。本物の流氷が常設展示されています。

流氷体験、マイナス18度の体験室もありこちらならではの展示物も印象的。クリオネも展示されています。

 

②網走流氷観光砕氷船おーろら

住所:北海道網走市南三条東4丁目5-1

オススメポイント:せっかく網走に来たのだから流氷ツアーを体験してみませんか?

「オーロラ」で約1時間の船に乗った旅です。大型なので揺れも少なく安心して楽しめます。こちらは前もって予約が必要です。

 

さいごに

いかがでしたか?「流氷」で有名な網走ですが、流氷祭りはこのようなイベントだったのかとあらためて感じた方も多いのではないでしょうか?

冬を楽しむには、やはり冬らしい体験をしてみるのが一番。

それならこの「網走オホーツク流氷まつり」ですべて堪能することができますよ。ぜひ出かけてみてくださいね。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら