ブログとは?SNSとの違いを調べてみた




四児パパ@おとん

ブログはストック型のメディア

SNSはフロー型のメディア

ちなみにSNSって和製英語なの、知ってました?

ブログを立ち上げるにあたっていくつかのブログを参考にしたり、メルマガを登録したり、本を購入したりと色々と勉強しました。

その中で、そもそもブログってどういう意味なんだろう?SNSとの違いってなんだろう?という疑問がわいてきたので、今回は調べたことをまとめてみました。

Wikipediaで調べてみた

ブログ

ブログ (blog) は、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。「WebLogする」という意味でウェブログ (weblog) と名付けられ、それが略されてブログ(Blog)と呼ばれるようになった。その執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。

わかったこと

  • ウェブ上に情報を記録する
  • weblogを結びつけた造語
  • weblogを略してブログ(Blog

 

SNS

ソーシャル・ネットワーキング・サービス: social networking serviceSNS)とは、Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築可能にするサービスのことである。

わかったこと

  • Web上、ネット上で関係性を広げる・深めることができるツール

 

ちなみに、
blogのように造語ではありませんが、SNSというのは和製英語のため、海外の方には通じません。

海外ではsocial mediaというのが一般的です。

同様に下記の横文字も和製英語だと知って、驚きでした!

ノートパソコン :laptop

パソコン    :computerdesktop computerpersonal computer

ブラインドタッチ:touch typing

タッチパネル  :touchscreen

特徴

ストック型メディア

  • 代表例:ブログ
  • 情報が蓄積される
  • 検索されやすい
  • 受動型
  • 興味がある人との繋がりができる

 

芸人で例えると出川哲朗さんですね。

出川さんは私が小学生の頃からテレビに出演し、リアクション芸でコツコツと実績を積み上げ、今ではどの番組からも引っ張りダコの超人気芸人となりました。

フロー型メディア

  • 代表例:Facebook, Twitter
  • タイムリーかつ瞬間の爆発力がある(一瞬で消えてしまう)
  • 情報が蓄積されない
  • 検索されにくい
  • 能動型
  • 友人、知人を中心に繋がりができる

芸人で例えると一発屋芸人。

気がつけばついつい口ずさんでしまったあの歌ネタ。
毎日のようにテレビやネットで見ていたのに、すっかり見ることもなくなっていませんか?

まとめ

ストック型メディアであるブログは記事を書けば書くほど情報が蓄積され、資産となります。

特に需要のある記事に関しては1年後、2年後・・・と投稿されてから月日が経っても検索され、多くの人に読まれるでしょう。

一方でフロー型メディアであるTwitterは瞬間の爆発力はブログとは比較にならないほどあります。
しかし、時間の経過とともに下に流れていき、気付いた時には目も触れられない場所へと姿を消してしまいます。

どちらが良い・悪いというわけではなく、特徴を理解し、目的に応じて上手く利用しましょう。

最後に

SNS疲れという言葉があるように、SNS上での気疲れにより利用を停止する、辞めることがあると思います。また、流行りにより扱うツールも変わってきます。

ただ、SNSはやめたとしてもネットの利用はやめませんよね?
ニュース、スポーツ、グルメ、イベントなどなど知りたい情報の取得にネット検索は欠かせないものになっています。

コツコツと積み上げてきた記事が日の目を浴びるチャンスはいくらでもあるので、ストック型メディアであるブログを続けることで資産を作っていきましょう。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら