江ノ島納涼花火大会2017!穴場スポット5選、日程や見どころも調べてみた!




こんにちは、四児パパ@おとん(雄豚)@4little_pigsです!

「花火大会には行きたいけど、子連れだと大変だな。」

「人がいっぱいだから、なかなか行けないんだよね。」

と思っているそこのあなた!

 

神奈川の人気スポットである江ノ島。

その江ノ島では夏の「江ノ島納涼花火大会」、秋の「ふじさわ江の島花火大会」と2回に渡って花火大会が開催されます。その中でも夏に開催される「江ノ島納涼花火大会」は混雑が少なく、子連れでもストレスなく花火を楽しめるって知ってました?

今回は「江ノ島納涼花火大会」の穴場スポットをご紹介します。

 

江ノ島納涼花火大会の基本情報

イベント名 江ノ島納涼花火大会
開催日時 2017年8月22日(火) 19:00〜19:20
※荒天時は中止、順延なし
打ち上げ数 約1,200発
人出 約20,000人
打ち上げ場所 片瀬海岸西浜(神奈川県藤沢市片瀬海岸3丁目)
有料席 なし
アクセス方法 <電車>

  • 小田急 片瀬江ノ島駅から徒歩2分
  • 江ノ島電鉄 江ノ島駅から徒歩5分
  • 湘南モノレール 湘南江の島駅から徒歩7分

<車>

  • 八王子JCT → 茅ヶ崎海岸IC → 国道134号線 江ノ島方面
  • 横浜新道 → 国道1号線 江ノ島・藤沢方面
交通規制 あり
駐車場 あり(1,660台)
お問い合わせ 片瀬江の島観光案内所
TEL:0466-24-4141
公式サイト http://www.fujisawa-kanko.jp/event/miamibeachshow.html

 

江ノ島納涼花火大会の見どころ

子連れでも気軽に行ける花火大会です。

というのも、8月に開催される「江ノ島納涼花火大会」は20分間で1,200発と小規模の花火大会です。

小規模の花火大会のため、混雑が少なくお子様連れの方でもストレスなく見に行けます。

 

ただし、小規模とはいえ花火大会です。

江ノ島付近の134号線や江ノ島大橋は大変混雑しているので、夕方以降に車で向かうのは要注意です。

別々の路線の鉄道が3駅あるので、電車を利用するのも良いですね。

少しでも混雑を避けたい方はお昼頃までに江ノ島に到着し、近くの砂浜・公園・新江ノ島水族館などで遊んで開演まで過ごすのがオススメです。

 

江ノ島納涼花火の穴場スポット5選

県立湘南海岸公園

yuco_yogaさん(@yuco_yoga)がシェアした投稿


  • 最寄駅:片瀬江ノ島駅から徒歩14
  • 打ち上げ場所からの距離:850m

江ノ島をバックに花火を鑑賞することができる場所です。

広々とした芝生広場があり、ちびっこ広場や水の広場など子供が遊べるスペースもあります。公園内にはトイレもあるので、子供の急なトイレにも対応できて安心ですね。

 

②片瀬東浜海水浴場


  • 最寄駅:江ノ島駅から徒歩6
  • 打ち上げ場所からの距離:850m

花火会場である片瀬西浜海水浴場とは江ノ島大橋を挟んで反対側の海岸です。長さ500メートル以上と広々とした砂浜なので、レジャーシートを敷いてのんびりと楽しめます。

 

③腰越海岸


  • 最寄駅:腰越駅から徒歩2
  • 打ち上げ場所からの距離:1,400m1.4km

打ち上げ場所から少し距離がありますが、視界を遮るような物もないので、綺麗に花火を観ることができます。また、メイン会場から離れているので、混雑も少なく、落ちついて観たい人にはオススメの場所です。

 

④湘南港北緑地公園(オリンピック記念公園)

  • 最寄駅:片瀬江ノ島駅から徒歩11
  • 打ち上げ場所からの距離:600m

メイン会場からは対岸の江ノ島に位置する公園です。江ノ島側から花火を見る時には定番のスポットとなっています。夜景をバックに花火を鑑賞できる場所なので、人気の場所ですが、十分なスペースがあるので余裕をもって鑑賞場所を確保できます。

 

⑤江の島シーキャンドル(展望灯台)


  • 最寄駅:片瀬江ノ島駅から徒歩20
  • 打ち上げ場所からの距離:750m

湘南のシンボルとして親しまれている江の島シーキャンドル(展望灯台)からは、打ち上がる花火を見下ろす形で鑑賞することができます。例年、抽選により灯台の上で鑑賞する権利を得ることができるので、今年も同様に抽選会が行われると思います。上から見る花火というのは、ここでしか味わうことができないので、抽選券を狙ってみるのもいいのではないでしょうか!

 

花火大会-場所取りのコツ!何時間前からがオススメ?トラブルを避けるためには?

2017.07.23

花火大会であると便利な持ち物まとめ!子連れ、デートでも大活躍なおすすめグッズはこれだ!

2017.07.22

 

まとめ

江ノ島納涼花火大会」は湘南江ノ島エリアの夏のイベントです。

小規模の花火大会なので、子連れでもストレスなく楽しめます。

また、近隣には新江ノ島水族館、海水浴場、鎌倉などのおでかけスポットがたくさんあります。

朝から思い切って遊んで、夜は花火を鑑賞してはいかがでしょうか!

 

【新江ノ島水族館】ナイトワンダーアクアリウム2017に行ってきた!混雑状況は?

2017.08.18

稲村ヶ崎のランチは湘南しらすがオススメ!稲村ヶ崎食堂に行ってきた

2017.06.07












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら