藤沢江ノ島花火大会2017年の日程は?穴場スポットも紹介!




四児パパ@おとん(雄豚)@4little_pigsです、こんにちは!

江ノ島には「夏の花火大会」と「秋の花火大会」があるって知ってました?

花火といえば夏をイメージしがちですが、江ノ島は秋の花火大会『藤沢江ノ島花火大会2017』が本命です!なかなか珍しいですよね。

少しずつ肌寒さとともに、冬の到来が見え隠れしてきた10月も半ば、海沿いでの花火大会というのも風情があってよいのではないでしょうか。

気候にもよりますが、江ノ島と富士山を背景に夜空に舞う花火を楽しめる、関東屈指のロマンチックな花火大会です!

今回はそんな「藤沢江ノ島花火大会2017」の穴場スポット、日程や見どころをご紹介します!

 

 

藤沢江ノ島花火大会2017の基本情報

イベント名 藤沢江ノ島花火大会
開催日時 2017年10月21日(土) 18:00〜18:45
※荒天時は中止、翌日に順延
打ち上げ数 約3,000発
人出 約85,000人
打ち上げ場所 片瀬海岸西浜(神奈川県藤沢市片瀬海岸3丁目)
有料席 あり(パイプ椅子席:一名2,500円)
アクセス方法 <電車>

  • 小田急 片瀬江ノ島駅から徒歩2分
  • 江ノ島電鉄 江ノ島駅から徒歩5分
  • 湘南モノレール 湘南江の島駅から徒歩7分

<車>

  • 八王子JCT → 茅ヶ崎海岸IC → 国道134号線 江ノ島方面
  • 横浜新道 → 国道1号線 江ノ島・藤沢方面
交通規制 あり
駐車場 あり(1,660台)
お問い合わせ 公益社団法人藤沢市観光協会(藤沢市観光センター)
TEL:0466-22-4141
公式ホームページ http://www.fujisawa-kanko.jp/event/fujisawahanabi.html

 

藤沢江ノ島花火大会2017の打ち上げ場所は?

藤沢江ノ島花火大会2017』の打ち上げ場所は片瀬海岸西浜の沖合です。

片瀬海岸には西浜と東浜があります。どちらからも花火を鑑賞することができますが、より迫力を求めるのでなら、打ち上げ場所である西浜に近づくと盛り上がります!

 

藤沢江ノ島花火大会2017の見どころ

冒頭でもお伝えしましたが、江ノ島と富士山を背景に見る花火!

めちゃくちゃ風情があってロマンチックですよね。

 

さらにこちらの動画、フィナーレは必見です。

動画の8:40あたりから空へ打ち上がる花火をご覧になられましたか?

湘南海岸で打ち上がる花火では唯一の2尺玉。

スターマインの後、空で大きく咲く花火は圧巻です。

2尺玉とは

 玉の直径 :58.5センチメートル

 玉の重量 :70キログラム

 上がる高さ:500メートル

 花火の直径:480メートル

 

藤沢江ノ島花火大会で気をつけること

夏の花火と違い、秋は気温に注意しなければいけません。

過去3年の10月第3週土曜の気温

  • 2016年 1222
  • 2015年 1520
  • 2014年 1421

15度前後となると秋物のセーターや、パーカなどを羽織らないとじわじわと寒さが身にしみてきます。

藤沢江ノ島花火大会2017」は海沿いで開催される花火大会なので、より一層寒さを感じることになります。

せっかく楽しい花火大会なので、寒さ我慢大会になるとホントに残念な気持ちになりますよね。翌日、風邪でダウンなどもってのほかです。

とくに、お子様には寒さ対策をしっかりとして、花火大会を楽しみましょう。

くれぐれも日中の気温に油断して、上着を忘れないでください。

 

藤沢江ノ島花火大会の穴場スポット5選

①江の島アイランドスパ

直線距離:約500m(0.5km)

「有料観覧指定席」と同様に有料ではあります。

ただし、絶好の位置で花火を楽しむことができ、さらに席の確保が事前に終わっているので心置き無く花火大会を楽しむことができます。

施設内にトイレもあるので、子供が急にトイレに行きたくなっても安心ですよね。

 

②神奈川県立湘南海岸公園

直線距離:約800m(0.8km)

江ノ島をバックに花火を見ることができます。

広大な芝生があり、ゆったりと楽しむことができるので、子連れのかたには特にオススメのスポットです。

 

③片瀬東浜海水浴場

 

④堀越漁港周辺

 

⑤湘南モールフィル藤沢店

直線距離:約3.5km

花火会場から離れているので花火は少し小さめですが、混雑の心配はありません。

スーパー、フードコートがあるのでお腹を気にする必要はありません。

トイレもあるので、安心ですね!

 

花火大会-場所取りのコツ!何時間前からがオススメ?トラブルを避けるためには?

2017.07.23

花火大会であると便利な持ち物まとめ!子連れ、デートでも大活躍なおすすめグッズはこれだ!

2017.07.22

 

藤沢江ノ島花火大会2017の有料観覧指定席

まだ発表はされていませんが、昨年同様に有料席は設けられるでしょう。

下の図を見ていただけると分かるように、打ち上げ場所は目の前という絶好の位置です。

有料ではありますが、花火を目の前で楽しめる、さらに席が事前に確保されている、というのは安心材料の一つではないでしょうか。

 

チケット発売日についてはまだ未定です。

昨年は9月1日からチケット販売が開始されたので、今年も9月1日から販売されると思われます。

最新の情報を入手次第追加していきます。

 

 

まとめ

花火大会といえば夏の風物詩ではありますが、江ノ島では夏だけではなく秋にも花火大会が開催されます。

さらに、江ノ島の花火大会は秋が本命。花火の種類、打ち上げ数、出店など盛り上がり方が夏とは大違いです。

近くには新江ノ島水族館、江の島アイランドスパ、神奈川県立湘南海岸公園など子連れで遊びに行けるスポットがいくつもあります。

夕方まで遊び、夜には海辺で花火大会。最高の一日を過ごせるのではないでしょうか!

 

【新江ノ島水族館】ナイトワンダーアクアリウム2017に行ってきた!混雑状況は?

2017.08.18

稲村ヶ崎のランチは湘南しらすがオススメ!稲村ヶ崎食堂に行ってきた

2017.06.07












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら