Google検索方法オススメ15選!除外や完全一致で検索効率UP




Googleといえばググるという言葉があるように、検索手段・検索ツールであるというのは誰もが知っています。

ですが、検索方法がいくつもあって、ちゃんと使いこなせば検索効率が大幅にアップするって知ってました?

普段、何かしら調べたいなーと思って検索する場合、頭に浮かんだキーワードをそのまま検索窓に入力して実行ボタンを押してませんか?

そして、なかなか思った通りの検索結果が得られず、闇雲にいろんなキーワードを入れ替えしてもう一度検索・・・。

単純に欲しい情報がない、ということもありますが、見つけ方(検索方法)が誤っている場合もあります。

ということで、今回はGoogleの検索テクニックについて初級・中級・上級とパターンを分けてご紹介します!

 

Google検索方法(初級編)

AND検索(アンド検索)

複数のキーワードすべてを含んだものを検索します。

<検索方法>

 キーワードA and キーワードB
 キーワードA(半角スペース)キーワードB

普段あなたが一番使っている検索方法ではないでしょうか。

下の図(ベン図)でいうと重なっている部分が検索結果として表示されます。

 

OR検索(オア検索)

複数のキーワードいずれかを含んだものを検索します。

<検索方法>

 キーワードA OR キーワードB

ポイント
ORは半角大文字で入力しましょう

下の図(ベン図)でいうと色付いている部分が検索結果として表示されます。

 

NOT検索(除外検索・ノット検索)

入力したキーワードを含まないものを検索します。

<検索方法>

 キーワードA –キーワードB

キーワードAの検索結果から、キーワードBを除外した検索結果を表示します。

除外検索はキーワードAの後ろに”半角スペース” + ”(ダッシュ)”を入力し、その後ろに除外キーワードBを入力しましょう。

(ダッシュ)”と除外キーワードBの間はスペース不要です。

下の図(ベン図)でいうと色付いている部分(Aのみの部分)が検索結果として表示されます。

 

完全一致検索・フレーズ検索

入力したキーワードと完全に一致する語句を検索します。

<検索方法>

 “キーワードA

完全一致検索は入力キーワードを”(ダブルクォーテーション)で囲んで検索しましょう。

検索したいキーワードが明確な場合には、余計な結果を表示させないこの完全一致検索が便利です。

 

 

Google検索方法(中級編)

ORAND検索

初級編で紹介したOR検索とAND検索の組み合わせです。

少し難しくなりましたが、ABのどちらかを含み、かつCを含んだ検索結果が表示されます。

<検索方法>

 (キーワードA OR キーワードB) キーワードC

 

title検索(タイトル検索)

タイトルに入力したキーワードが含まれているものだけ検索します。

<検索方法>

 intitle:キーワードA

 

あいまい検索 ワイルドカード検索

フレーズの中であいまいな部分、不明な部分を*(アスタリスク)に置きかえて検索します。

ワイルドカードとは、コンピュータ・情報処理で使われるコトバで「任意の文字列をあらわす特殊文字」のことです。

<検索方法>

 4匹の*ぶた

 

text検索(テキスト検索)

本文に入力したキーワードが含まれているものだけを検索します

<検索方法>

 intext:キーワードA

 

 

Google検索方法(上級編)

URL検索(ユーアールエル検索)

URLに入力したキーワードが含まれているものだけを検索します。

<検索方法>

 inurl:キーワードA

 

related検索(関連サイト検索)

入力したキーワード(URL)の関連サイトを検索します。

<検索方法>

 related:キーワードA(URL)

 

site検索(サイト内検索)

特定のサイト内(URL)において、入力したキーワードが含まれている記事を検索します。

<検索方法>

 キーワードA site:キーワードB(URL)

 

Link検索(リンク検索)

入力したキーワード(URL)にリンクしているサイトを検索します。

<検索方法>

 link:キーワードA(URL)

 

cache検索(キャッシュ検索)

見たいサイトが閲覧できない場合はcache検索により、Googleが最後に巡回した時点の情報で表示ができます。

<検索方法>

 cache:キーワードA(URL)

 

filetype検索(ファイル検索)

ファイルの拡張子を指定し、かつ入力したキーワードで検索します。

<検索方法>

 filetype:PDF キーワードA

 filetype:xls キーワードA

 filetype:doc キーワードA

 

類似画像検索

検索窓に画像をドロッグアンドドロップすることで、類似画像を検索します。

 

 

まとめ

ご紹介したGoogle検索テクニックはいかがだったでしょうか?

普段から使っているテクニックもあったと思いますが、「こんな検索方法もあったんだ!」という物もあったと思います。

なかなか思った通り検索結果が得られないな、という時には、ぜひ今回ご紹介した検索テクニックを思い出して活用してみてください。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら