平岡梅まつり2018!日程や見どころは?




長い冬も終わって北海道に春がやってくるのは4月の下旬。

冬の間真っ白に染まっていた地域も少しずつ樹々の葉が緑に輝き出し、花々が咲き始めます。どこの地域でも春の訪れを感じる季節は、特別な気持ちになるものですね。

その北海道、札幌で春の訪れを感じるイベントが「北海道 平岡梅まつり」です。

毎年梅が開花し始める時期に開催され、約2週間ほどその美しさを楽しめます。白梅が先に開花し、やがて紅梅とカラーコントラストも素晴らしく、地元の人々はもちろん観光客も訪れる、そしてたくさんの人が毎年楽しみにしているイベントなのです。

今回はこの「平岡梅まつり2018」の日程や見どころについてご紹介いたします。

 

平岡梅まつり2018の基本情報

開催期間:20184月下旬~5月中旬

場所:北海道札幌市清田区平岡56丁目9-10 平岡公園

アクセス:
<電車・バス>札幌市営地下鉄新さっぽろ駅 JR新札幌駅からバスで15分、バス停平岡64丁目下車、徒歩5分
<車>道央自動車道札幌南ICから約5

本数:約1200

駐車場:1250台、無料。梅まつり期間臨時駐車場あり(6002100)

問い合わせ先:平岡公園管理事務所

公式サイト:http://hiraoka-park.jp

平岡梅まつり2018の見頃時期、開花状況は?

梅の開花によってイベントの開催が異なります。その年の春先の気温によって時期が変わりますが、例年5月の上旬から中旬が見頃。

2018年もこの時期に注目しておけば、本州ではすでに終わっている梅の時期をここ北海道で楽しめます。

本州では、先に梅が咲いてそのあと桜、お花見と続きますが、北海道では、梅と桜が同時期、または桜が咲いた後に梅が咲いたりします。北海道の方には普通のことかもしれませんが、本州の人にとっては不思議な感じがしますね。

 

平岡梅まつり2018の見どころは?

見所はなんといってもこの広大な公園内に咲き誇る梅の眺めです。

梅のどこか可愛らしさを感じる花が集まるとこんなにも迫力のある光景を作り上げてくれます。

満開時には、白梅、紅梅が素敵な色のコンビネーションも目を楽しませてくれます。

紅梅と白梅、どちらも優越つけがたい美しさですね。

そしてこのお祭りの期間中の人気といったら「平岡梅ほんぽ」という会場で開かれる期間限定の売店です。たくさんの人が、梅を見学しながらも、こちらで売られているスイーツや食べ物を楽しんでいるという連日大盛況のお店。

ここでしか買えない平岡公園梅林限定の「たまご屋さんのシフォンケーキ」や「梅ブリュレ」、「梅パスタ」など、どれもほんのりピンク色の可愛らしいアイデアいっぱいのものが並びます。

こちらは名物の「梅ソフト」。ここに来たらマストで食べたい大人気ソフトです。やはりこちらもほんのりとしたピンク色で、バックの梅の雰囲気にぴったりですね。

 

平岡梅まつり2018の混雑状況は?

期間中はちょうどゴールデンウイークと重なる時期になるので、56日まではとくに混雑が予想されます。それ以降は、余裕があるかもしれません。

梅の色づき具合によっても変わってくるので、日程が近くなったらホームページで確認してみるといいですね。

 

平岡梅まつり2018のグルメ情報

先ほどもご紹介した「平岡梅ほんぽ」で売られているグルメアイテム。お土産にもぴったりなものがたくさんです。

どれもここだけのものなので、通常の札幌土産とはまた違ったチョイスができるのが嬉しいですね。

こちらはその場でいただいてほしい、そばと「梅ごまごぼうからあげ」です。

 

平岡梅まつり 周辺のおすすめスポット3

①円山公園

住所:北海道札幌市中央区宮ケ丘

オススメポイント:北海道を代表する桜の名所でもある円山公園。約160本の桜の木が植えられていて、お花見シーズンにはここでくつろぐ人もたくさんいます。

梅を見て、桜も見れたら得した気分に。お花見用のバーベキューコンロもレンタルできます。

 

②西岡公園

住所:札幌市豊平区西岡487

オススメポイント:自然のそのままの姿を満喫したいという方にオススメ。

必要最小限に整えられた設備の中に、さまざまな動植物が生息している様子を感じることができます。自然観察にぴったりの場所。

 

③札幌芸術の森美術館

住所:札幌市南区芸術の森2丁目75番地

オススメポイント:静かな環境の中にある素敵な美術館。

ゆっくりお散歩するような気分で出かけたくなる、建物自体にも芸術を感じる佇まい。アート好きにはぜひ立ち寄ってもらいたい美術館です。館内にはカフェ、レストラン、ショップもあり充実しています。

 

さいごに

いかがでしたか?春が待ち遠しくなるイベントですよね。

梅や桜は日本人にとって特別な思いがあるもの。ゆっくりとお散歩しながら美しい光景を堪能したり、グルメと春の空気を味わいながら楽しんだり、それぞれのスタイルで過ごしてほしいです。

春の北海道を実感しに行って見ませんか?












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら