防府天満宮・梅まつり2018!開花状況や日程は?




防府天満宮は、山口県防府市にある神社です。

学問の神様として有名な、菅原道真を祀った神社で、菅原道真が亡くなった翌年に創建された「日本で最初の天神様」とされています。

京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と並んで、日本三大天神と呼ばれるほど有名で由緒のある場所なんです。

菅原道真公には梅にまつわるエピソードが多いので、「梅は天神様のシンボル」とされています。他の天満宮と同じく、防府天満宮にもたくさんの梅が植えられています。

防府天満宮の梅は約16種類、1100本あるとされていて春になると見事な梅の花と香りを楽しむことができます。

毎年2月中旬から開催される梅まつりには多くの人が訪れ、たくさんの方が美しい梅を楽しみに訪れます。

今回はそんな『防府天満宮梅まつり2018』の開花状況や日程などをお届けしたいと思います!


 

防府天満宮・梅まつり2018の基本情報

開催期間:2018218日(日)~34日(日)

場所:山口県防府市松崎町14-1

アクセス:
<電車>
JR防府駅から徒歩で15

<車>
・山陽自動車道防府東ICから車で10
・山陽自動車道防府西ICから車で10

本数:約1100

駐車場:500台駐車可能

問い合わせ先:0835-23-7700

公式サイト:防府天満宮 http://www.hofutenmangu.or.jp/index.html

 

防府天満宮・梅まつり2018の見頃時期、開花状況は?

前回は1月末頃に梅の花が開き始め、梅まつりの始まる2月中旬頃にはほとんどが花開いている様子。

2月の末にはしだれ梅も見頃を迎えていました。

梅まつりの期間中に散ってしまうことはなかったようですが、天候にも左右されてしまいますので公式サイトでぜひ確認してみてください。

防府天満宮はTwitterのアカウントもあって、
梅まつりの時期はそちらに梅の写真をアップされていました。それを参考にするのもオススメです!

防府天満宮・梅まつり2018の見どころは?

防府天満宮の梅まつりは、見事なしだれ梅をはじめとする約16種類の梅を楽しむことができます。

それだけでも十分なのですが、期間中はイベントも盛りだくさん。

小学生のお子さんたちが舞いを披露する稚児舞は期間中に2回。神楽舞「紅わらべ」の奉納を見ることができます。

3月の頭には人形感謝祭が行われます。

2月の中旬ごろから、捨てがたい雛人形や長年可愛がってきたぬいぐるみなどを預かり回廊内の祭壇に飾られます。

例年大小3000個ほどの人形が飾られ、お祓いをされた人形は「もったいない、ぜひ大切にしてあげたい」という方に里親として譲ってくださるそうです。

お人形やぬいぐるみなどがお好きな方は、この日に訪れてみてはいかがでしょうか。

あとは出世梅配布。

境内でとれた梅や、山口県内で生産され酒などに使われた梅の実をもったいないの気持ちを込めてお祓い奉製し、その梅の実を出世梅と呼び先着500名に配布しています。

毎年行列ができるので、ほしい方は早めに並んでくださいね!

その他にも甘酒接待や、25日の天神市、お茶室での催しや文化講演会などたくさんのイベントがあるんです。

その他天神芸術村というイベントでは大道芸などのパフォーマンスが楽しめたり、手作り作品の販売や体験コーナーもあります。

期間中に何度足を運んでも楽しめるのが防府天満宮の梅まつりです!

こちらは期間中の梅の様子。

しだれ梅は県内でもトップクラスの美しさ。

ぜひその香りと光景を楽しんでみてくださいね。

 

防府天満宮・梅まつり2018の混雑状況は?

基本的に境内が広いので、ぎゅうぎゅう詰めの混雑というのはあまりないようです。

一番混むのは225日。

菅原道真の命日で、その日に合わせて天神市が開催されます。

それを目当てに来る方も多いので、この日がとくに混雑が予想されます。

のんびり梅だけを楽しみたいという方は、少し日にちをずらしていくことをオススメします。

防府天満宮梅まつり 周辺のおすすめスポット3

①ふれあいステーション Daido

住所:山口県防府市台道4537-1

オススメポイント:ひそかに人気の地元物産販売所です。建物がおしゃれな感じでそういうお店には見えないですよね。新鮮なお野菜やお花、農産物などが販売されています。

②防府市まちの駅うめてらす

住所:山口県防府市松崎町1-20

オススメポイント:防府天満宮のすぐそばにあるので、立ち寄りやすい場所ですね。

おみやげ物もたくさんありますし、お食事をすることができます。

観光情報の案内もありますので、旅行で訪れた方にぴったりです!

 

③毛利氏庭園

住所:山口県防府市多々良1-15-1

オススメポイント:長州毛利家の邸宅跡で美しい庭園を楽しむことができます。

お屋敷も立派で、見ごたえ抜群!静かにゆったりと過ごしたい方におオススメです。

さいごに

防府天満宮の梅まつりについていろいろご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

混雑するとは思うのですが、せっかくなので天神市の日や天神芸術村が開催されている日に行って満喫したいですね!

2月の末頃がしだれ梅も見頃のようなので、
美しい梅の花と香り、いろいろなイベントを楽しみながら春の訪れを感じたいですね。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら