城陽イルミネーション(TWINKLE JOYO)2017!開催期間や点灯時間は?




冬に欠かせないイベント、イルミネーション。

きらびやかで豪華なイルミネーションも素敵ですが、
今年は京都府城陽市のイルミネーションはいかがでしょうか?

京都府の南部に位置する城陽市は、大阪市内から車で40~50分ほど。

光のページェント「TWINKLE JOYO 2017」というイルミネーションイベントで、今年で16回目となります。

通称「ジョミナリエ」と呼ばれるほどに、京都府城陽市では愛されているイベントです。

その理由は、地元の人々の協力で開催されていること、
学校や、幼稚園、企業などがイルミネーションのデザインをそれぞれ実施していることがあげられます。

他のイルミネーションとは違った、この『城陽イルミネーション・TWINKLE JOYO 2017』の開催情報を紹介していきますね!

 

城陽イルミネーション2017の基本情報

◆開催期間:まだ正式発表されていません。例年通り2017年12月1日~2017年12月25日と予想されます。

◆点灯時間:17:30~21:30

◆場所:京都府城陽市寺田奥山1番地 城陽市総合運動公園レクリエーションゾーン

◆アクセス:
・JR奈良線「城陽」駅下車、徒歩25分
・JR奈良駅「城陽」駅、または近鉄京都線「寺田」駅から城陽さんさんバスで「プラムイン城陽」下車すぐ
※開催期間中、臨時バス運行あり

◆点灯数:約75万個のLED

◆人出数:約16万人

◆駐車場:運動公園に駐車場はありますが、駐車台数が少ないです。

◆問い合わせ先:城陽市観光協会 0774-56-4029

城陽イルミネーション2017の見どころは?

このほとんどのデザインが、団体や企業、学校などのグループから募ったもので、
装飾もボランティアの協力のもとに行われているそうです!これはすごいですね!

そういった地元の人たちの愛や、熱量を感じながら見るイルミネーションはきっと違った輝きに見えます。

8mのシンボルツリーも、大迫力ながらやさしく出迎えてくれます。

また、このイルミネーションの輪が広がり近隣の文化パルクやコミュニティセンター、
商店街などにも広がっており、街中をゆっくりと歩いてみるのもいいですね!

このイルミネーションは今年で16年目。

ボランティアさんで支えられているということで、実は参加者の中には高齢の方も増えてきています。

ですので、参加団体も年々減ってきているいて、新しい参加者を随時募集中です。

来場してする人が多ければ、参加する企業・団体も増えるはず!

この「TWINKLE JOYO」が、この先もずっと継続されるように、ぜひご来場ください!

 

城陽イルミネーション周辺のおすすめスポット3選

①城陽市総合運動公園(鴻ノ巣山運動公園)

Quwaaanさん(@quwaaan)がシェアした投稿

住所:京都府城陽市寺田奥山1番地

オススメポイント:

イルミネーション会場です。早めに行って遊べるのは大きな魅力!

最長約140mのローラースライダーを初体験させてあげてください!

 

②文化パルク城陽

住所:京都府城陽市寺田今堀1

オススメポイント:

城陽市の歴史民俗資料館で歴史を学び、プラネタリウムで星に触れ、

屋内アスレチックのあるプレイルームで体を動かせる、

子供が飽きずに楽しめる施設がいっぱいです!

 

③サンガタウン城陽

住所:京都府城陽市久世上大谷89-1

オススメポイント:

京都F.C.の練習場がある施設。

プロの練習風景を見られるのもめったにないことですね。

 

さいごに

このイルミネーションは、大規模な手作りイルミネーション。

街の人たちの愛が詰まっていて、外は寒いはずなのになぜか温かさを感じる、

特別なイルミネーションです。

ご家族にとっても特別な日になると思います。

ぜひ家族そろって、イルミネーションを楽しみに行ってください。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら