金沢まつり花火大会2017!オススメ穴場スポット5選、日程や駐車場も紹介します!




こんにちは、四児パパ@おとん(雄豚)@4little_pigsです!

横浜市金沢区の2大祭りの一つとして知られており、横浜市金沢区海の公園で開催される「金沢まつり花火大会」は、毎年8月下旬に行われる夏の終わりを彩る、夏祭りの一大イベントとして区民をはじめ多くの人々に親しまれています。

打ち上げ数は3,500発と中規模の数ですが、来場者数は約25万人を集客している人気の花火大会です。

今回は人気の「金沢まつり花火大会」の穴場スポットを中心に、日程や見どころ、駐車場の情報をご紹介します!

 

金沢まつり花火大会の基本情報

イベント名 第43回金沢まつり花火大会
開催日時 2017年8月26日(土) 19:00~20:00
※荒天時は中止、順延なし
打ち上げ数 約3,500発
打ち上げ場所 金沢区海の公園 沖合
有料席 なし
アクセス方法

<電車>

  • シーサイドライン「海の公園南口」駅より徒歩すぐ
  • シーサイドライン「海の公園柴口」駅より徒歩すぐ
  • 京急本線「金沢文庫」駅より徒歩20
交通規制 あり
お問い合わせ 金沢区役所 地域振興課 045-788-7801
公式ホームページ  http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/

 

金沢まつり花火大会の見どころ

金沢祭り花火大会の見どころとしては、やはりライトアップされた八景島と花火の作り出す幻想的な独特の美しさがその魅力です。

また、子ども達に大人気のキャラクター花火や新作花火などが次々と打ち上げられ、そのなかでもフィナーレを飾る「特大スターマイン」は圧巻の迫力です。

 

金沢まつり花火大会の駐車場

花火会場である海の公園には約1,600台の駐車場があります。

海の公園以外にも花火当日のみ臨時駐車場が用意されるので、こちらを利用するのも良いですね。

ただ、車で来る人も多く、例年お昼頃にはほとんど埋まってしまうので、できる限り早め、午前中には到着して駐車スペースを確保しておいた方が良いでしょう。

臨時駐車場

  • まつかぜ公園(海の公園中央口前)
  • 鳶崎公園、柴仲町公園(柴漁港前)
  • 乙舳公園、乙舳スポーツ広場(金沢漁港横)

 

金沢まつり花火大会の穴場スポット5選

海の公園なぎさ広場


  • 最寄駅:海の公園柴口駅から徒歩2分
  • 打ち上げ場所からの距離:450m

メイン会場と同じ「海の公園」ではありますが、打ち上げ場所から少し離れた「なぎさ広場」は意外と空いています。

皆が打ち上げ場所に近い所で見ようとするので、こちらの広場は比較的混雑も少なくゆったりと花火を見ることができます。

 

②八景島シーパラダイス


  • 最寄駅:八景島駅から徒歩9分
  • 打ち上げ場所からの距離:700m

八景島シーパラダイスは水族館、遊園地があります。子連れで花火大会に行く場合、花火開始時間まで子供たちが待てずに騒がしくなってしまいますよね。八景島シーパラダイスなら遊ぶ場所がいっぱいなので、花火開始ギリギリまで時間を潰すことができます。

こちらからも花火は十分見えるので、オススメです。

 

③野島公園


  • 最寄駅:野島公園駅から徒歩13
  • 打ち上げ場所からの距離:1,100m1.1km

八景島シーパラダイスのライトアップと共に打ち上げ花火を鑑賞できるスポットです。

野島公園ではバーベキュー、キャンプもできる公園なので、花火大会当日は午前中から到着して、花火開始までの時間を潰すにはちょうど良い場所です。ファミリーや、グループで鑑賞するにはオススメです。

 

④金沢動物園

えさん(@tuna_pf)がシェアした投稿


  • 最寄駅:金沢文庫駅からバスで10分、金沢動物園で下車
  • 打ち上げ場所からの距離:4,000m(4.0km)

金沢動物園では8/ 5(土)~8/27(日)にナイト金沢ZOOとして、20:30まで開演時間が延長されています。

打ち上げ場所からは少し距離がありますが、動物の鑑賞と、花火の鑑賞を同時にできるのはここだけです。

 

⑤まつかぜ公園

  • 最寄駅:海の公園南口駅から徒歩3分
  • 打ち上げ場所からの距離:600m

打ち上げ場所、メイン会場からもすぐ近くの公園です。多少、木が茂っているので、花火を観る場所は選ばないといけませんが、メイン会場よりは比較的空いているので、こちらもオススメです。

 

花火大会-場所取りのコツ!何時間前からがオススメ?トラブルを避けるためには?

2017.07.23

花火大会であると便利な持ち物まとめ!子連れ、デートでも大活躍なおすすめグッズはこれだ!

2017.07.22

 

まとめ

金沢まつり花火大会は、海の公園沖合が打ち上げ場所となっているので、海の公園、八景島、野島公園のどのスポットからも楽しむことが出来ます。広範囲に渡って鑑賞できる場所があるので、比較的落ち着いて花火を観ることができます。

会場周辺には八景島シーパラダイスや、野島公園など日中から遊んで楽しめるスポットもあります。花火の前には周辺スポットで夏遊びを楽しんで、花火鑑賞というのも夏の楽しみの一つですね。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら