【江ノ島片瀬東浜海水浴場】四児パパおすすめ混雑が少ない穴場はここだ!




夏といえば、

『暑い!』より『子供たちの夏休み!』。

 

ただでさえ外は暑く、会社に行くのもイヤ〜な季節・・・。

この時期(夏休み)、毎日子供たちが家に居るのがけっこう大変なんですよね。

 

学校がないので、給食はなく昼食が必要。

宿題は山のようにあり、なかなか終わらないくせに「どこか連れてって〜」と一丁前に言ってきますよね

しょうがないから、どこか連れて行くかと考えるけど、夏休みはどこに行っても人でいっぱい、なにより暑い。

暑いからプールで遊ぼうとしても、行くのも大変、入場料そこそこかかる、入ったら人多い、と足が遠のくばかり。

 

我が家は子供4人なので、移動するだけでも一苦労です。

車もないので移動手段はバスと電車。

そんな中でもストレスなく、気軽に遊びに行けるオススメの海水浴場『片瀬東浜海水浴場』を今回はご紹介します!

 

「片瀬東浜海水浴場」基本情報

遊泳期間

71日~831

遊泳時間

9001700(監視員常駐時間)

海水浴場の規模

長さ:560m 奥行き:120m

施設

海の家 :25軒(使用代金 大人1500円、小人800円)

飲食店 :30

トイレ :19ヶ所(仮設含む)

シャワー:海の家に設置

アクセス

小田急片瀬江の島線:片瀬江の島駅より徒歩3

江の島電鉄    :江の島駅より徒歩5

湘南モノレール  :湘南江の島駅より徒歩7

駐車場

2ヶ所(約180台)1日平均2,000円~3,000

江の島島内3ヶ所(約580台)

 

オススメのアクセス方法

片瀬東浜海水浴場の近くには3路線の鉄道の駅があります。

小田急片瀬江の島線、江の島電鉄、湘南モノレールの3路線。

この中でもオススメなのが、湘南モノレールです。

JR大船駅で湘南モノレールに乗り換えると、大船駅は湘南モノレールの始発駅になります。

乗車人数も少なく、78分ごとに電車も来るので既に席が埋まっている場合は次の電車を待てば確実に座ることができます。

 

「大船駅」から「湘南江の島駅」までは約15分です。

右手に大船の観音を見つつ、のんびりと座っていれば目的の「湘南江の島駅」に到着です。

帰りは「湘南江の島駅」が始発駅になるので、行きと同様に座ることができます。

海で遊んで疲れた体にはありがたいですね。

 

モノレールの路線自体、日本でも数が少なく今現在12路線しかありません。

なかなか乗る機会もないと思うので、この機会に乗ってみてはいかがでしょうか。

 

唯一、気になることはSuicaPASMOが使えないということ。

駅に着いたら券売機で切符を買ってから、改札を通って乗車という流れになります。

Suicaが使えれば、よりスムーズに乗り降りできるのに

 

穴場スポット

子連れのファミリーには『片瀬東浜海水浴場』の中でも最も東の端にあたる、腰越海水浴場寄りの場所がオススメです。

 

駅から南に進んで行くと国道134号線にぶつかり、片瀬東浜の交差点前にある階段を降りると、目の前が穴場スポットになります。

 

四児パパ@おとん
オススメする理由はこちらの4つ!

①人が少ない

中央メインの浜辺、西側江ノ島寄りは人が多く、レジャーシートも広げる隙間がないこともあります。

一方で東側腰越海水浴場寄りは人が少なく空いています。

去年5回ほど行きましたが、毎回この東側は空いていて快適でした。

 

②コンビニが近い

横断歩道を一つ渡ればすぐにファミリーマートがあります。

また、少し東に歩いて行けばサンクスもあります。

海の家でご飯や飲み物買うと高くつくなー、という時にはコンビニを利用すると家計にも優しく助かりますね。

 

③海の家もある

参考までにこちらは2016年の海の家のマップです。

右から4店舗が今回オススメする穴場スポットの目の前にある海の家です。

 

④トイレが近い

子供たちって遊びに夢中になるとトイレも忘れて、急に「トイレ行きたい!」って騒ぎ出しますよね。

この場所は上のマップを見てもらうと分かるように「片瀬東浜」の交差点前にトイレがあります。

すぐ行ける場所にあるので助かりますね。

 

まとめ

江ノ島の海水浴場といえば若者が多く集まっているイメージが強いと思います。

意外と我が家のようにファミリーで来ている人たちも多く、夏場は子供たちが楽しそうに遊んでいます。

 

子連れだとなかなか人混みの中に連れて行くのはシンドイなと遠慮しがちですが、今回ご紹介したように空いている場所もあります。

たまには子供を連れて、思い切って海に出向いてはいかがでしょうか!












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら