奥日光湯元温泉雪まつり・雪灯里(ゆきあかり)2018!日程や見どころは?冬の花火は必見です!




湯の湖北岸に位置する湯元温泉は、「国民保養温泉地」に指定されています。

旅館街の奥にある源泉小屋では湧き出る温泉が見られたり、三方を山に囲まれているので自然も豊かです。

その環境の良さは、「国民保養温泉地」と言われて納得の場所。周りには湯ノ湖や湯滝、湯川などの自然がたくさんあって、紅葉の時期にはハイキングや散策を楽しむ方もたくさん訪れます。

標高が1,500mなので避暑地としても有名ですが、 スキー場などもあるので冬場のレジャーにもぴったり。季節問わずに人気の観光地でもあります。

そんな湯元温泉ですが冬になると毎年、雪まつりが開催されています。

氷の彫刻やライトアップされたかまくら、冬の花火など企画は盛りだくさんで、豊富な雪を活かした冬の一大イベントとして人気です。

そこで今回はそんな湯元温泉の『雪まつり・雪灯里2018』の開催時期や、アクセス情報などをお届けしたいと思います。


 

奥日光湯元温泉雪まつり・雪灯里2018の基本情報

開催日時:20181月下旬~3月下旬

場所:栃木県日光市湯元

            湯元園地、湖畔広場、湯元バス停付近

アクセス:
・東武日光線「東武日光駅」からバスで約1時間20
JR日光線「日光駅」からバスで約1時間20

  (どちらも「日光湯元温泉」下車)

問い合わせ先:0288-62-2570  (奥日光湯元温泉旅館協同組合)

公式サイト:http://www.nikkoyumoto.com/

奥日光湯元温泉雪まつり・雪灯里2018の見どころは?

湯元温泉の雪まつりは、開催期間中たくさんのイベントがあります。

全日本氷彫刻奥日光大会は1月末から氷が解けるまでの2週間ほど、大きな氷の彫刻が展示され、夜にはライトアップされます。

とても幻想的なので、ぜひとも夜のライトアップを見たいですね。

以前の雪まつりでは2mもある、大迫力の彫刻が作られたそうです!

それから2月中旬になると冬の花火大会が行われます。雪の中に打ちあがる花火はとてもきれいで、見とれてしまうこと間違いなし!

ただ時期が真冬なのでしっかりと防寒をしてから、会場に向かってくださいね。

 

そして同時期に始まる雪灯里(ゆきあかり)というイベント。

花火大会とこちらが、雪まつりのメインでしょう。

800個のかまくらにLEDで明かりを灯します。 真っ白なかまくらをカラフルなLEDが照らす光景は幻想的。

ロマンチックな冬の夜を楽しめます!

こちらは花火大会の様子。

LEDで色が変わっていくかまくらの上に打ちあがる花火。

なかなか見られない光景ですよね!

ぜひその目でその幻想的な光景を楽しんでください!

 

奥日光湯元温泉雪まつり・雪灯里 周辺のおすすめスポット3

①日光湯元温泉スキー場

住所:栃木県日光市湯元温泉

オススメポイント:せっかく冬場の湯元温泉に行くのなら、やっぱりスキーなどのウィンタースポーツも楽しみたい!そんな方にはすぐそばのこの スキー場がオススメ。

ウェアやスキー板などレンタルもありますので、初心者の方でも 気軽に利用できるスキー場です。

                                 

②温泉寺

住所:栃木県日光市湯元2559

オススメポイント:なんとも珍しい、源泉から引いた温泉を楽しめるお寺です。

観光客の方でも利用できます。小さなところですが、お寺なので 静かに温泉を楽しみたい方にはぴったり。

休憩所もあるので、ちょっとほっこりした時間を過ごせます。

もちろんお寺の参拝だけでも大丈夫です。

 

③龍頭之茶屋

住所:栃木県日光市中宮祠2485

オススメポイント:湯元温泉から少し離れますが、竜頭ノ滝のそばにあるお茶屋さんです。

お雑煮やお団子が人気のお茶屋さんで、お蕎麦やうどんなどの お食事もおいてます。

お土産ものコーナーもあるので、竜頭ノ滝に寄られた際はぜひ立ち寄って見られてはいかがでしょうか。

 

さいごに

『奥日光湯元温泉雪まつり・雪灯里2018』についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

ウィンタースポーツや温泉を堪能して、夜にはライトアップされたかまくらや、冬の夜空を彩る花火を楽しむ。そういう冬の休日もすてきですよね。

花火大会は一日だけなので、気になる方はぜひ公式サイトで日程を確認してみてください。

寒さを忘れるぐらいきれいな光景を、楽しむことができると思います!












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら