新年の楽しみ!お年玉の知らないこと、お年玉ってなあに?




子供たちが喜ぶ新年の恒例行事「お年玉」。

実はその由来など知らないことも多いですよね!

今年はお年玉をあげるついでに、子供たちにそんな話しもしながら渡そうと思います。

お年玉の始まりとは、どんなことだったのでしょうか?

 

お年玉の由来って?

年神様(としがみさま)にお供えされた鏡餅を、参拝しに来た人々に分け与えました。これを受け取った参拝者である家主が、家族たちに砕いて半紙に包んで分け与えたのが始まりとされています。

鏡餅はもともと、鏡の形を真似て作られたもので、「魂」を映し出すものとされていました。「魂」は「玉」とも表現が置き換えられるようで、年神様の「玉(魂)」が「年の玉」、「お(御)年玉」と言われるようになったようです。

なるほどといった感じですよね!子供たちにはもっと簡単にして

「年神様の気持ちを分けてあげる習慣からお年玉は始まったんだよ」

と説明することにします。

さて、お年玉の由来や語源はわかりましたが・・・

お年玉は誰に、いったい何歳から何歳くらいまで、いくらあげたらいいのでしょうか?

 

お年玉は誰に渡す?

お年玉に、とくに決まったルールはないようで、一般的には自分の子供と、親戚付き合いの深さにもよりますが甥っ子・姪っ子まで渡す人が多いようです。

年神様から分け与えられたものとすると、家族や親戚までなもの納得!

かと言ってお正月に遊びに来た友人の子供に何もしないのも気が引けると思いますので、その時は気持ち程度を、親御さんに気を使わせない程度で渡してあげましょう。

 

お年玉は何歳まで?

お年玉をあげる範囲が分かったら、今度はあげる年齢についてです。

これもなかなか頭を悩ませるところですよね。

0歳の子供にもあげるのか、大学生にもあげるのか、決まりがなく難しいところです。ですので、家族でしっかりと話しあっておくといいと思います。多くは3歳くらいから大学生くらいまでのようです。

 

お年玉の相場はいくら?

そして金額ですね!!

きちんとした決まりがあってくれた方がラクですが、金額についてもルールはないようです。目安として「年齢×500円」くらいが妥当なところ。

つまり、3歳だったら1,500円、10歳だったら5,000円、20歳だったら10,000円といった感じです。

 

お年玉のマナーって?

最後に気をつけておきたいことがあります。

お年玉は基本的に目下の人にあげるものなので、目上の人や、たとえば上司の子供に「お年玉」をあげるのは失礼にあたります。

目上の人には「お年賀」として、上司の子供にあげる時は図書券等にしてみたり、お年玉ではなく「文具料」として渡すのが失礼になりません。

 

さいごに

意外と知らないことの多いお年玉についてですが、少しはお役にたてたでしょうか?

お年玉は子供たちにとって嬉しいもの。子供たちの喜ぶ顔を見ながら、大人も笑顔で新年を過ごしましょう。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら