日本人サンタクロースがいるって、知ってた?公認試験合格で資格を取得できます!




四児パパ@おとん(雄豚)@4little_pigsです、こんにちは!

クリスマスシーズンになると

  • 「サンタクロースって本当にいるの?」
  • 「どうせ、パパかママがこっそりプレゼント置いてるんでしょ?」
  • 「友達にサンタなんていない、って聞いたけど。本当なの?」

と子供に言われて、どう答えようか困りませんか?

大人になるとサンタなんていない、と分かっています。

でも、子供に対してどう説明したらいいか、悩みますよね。子供の夢を壊していいものか、とはいえ現実も教えてあげた方がいいし・・。

ということで、本当にサンタクロースって実在しないのか。さらに、サンタクロースといえば欧米のおじさんのイメージだけど、日本人のサンタクロースっていないのか、調べてみました!

 

どうやら公認サンタクロースがいるらしい⁉︎

四児パパ
まず、サンタクロースってどこにいるんだろう?とりあえず、寒そうな地域だな!

という疑問から、調査を進めていくと北極近くにある世界で一番大きな島「グリーンランド」に、長老サンタクロースが住んでいることを突き止めました。

昔は一人で世界中の子供たちにプレゼントを配っていましたが、それも難しくなってきたので、1957年に「グリーンランド国際サンタクロース協会」を設立し、長老サンタのお手伝いを募りました。

協会主催の資格試験に合格すると、『公認サンタクロース』として認められ、長老サンタと一緒に活動することができます。

 

サンタクロースの活動は?

子供たちへのプレゼント

ご存知の通り、クリスマスになると子供たちにプレゼントを届けに行きます。

世界サンタクロース会議

毎年7月にデンマークの首都コペンハーゲンにて、世界サンタクロース会議が行われます。良い子、悪い子の審査や、時代背景にあわせたプレゼントを検討しています。

 

公認サンタクロース(資格取得者)って、何人いるの?

世界会議が行われるということからも、公認サンタクロースは何人かいるようです。

いま現在、世界中では180名ほどの公認サンタクロースがいて、活動しています。

アジア圏では唯一、日本人が1、公認サンタクロースとして認定されていて、「グリーンランド国際サンタクロース協会」の日本支部が設立されています。


 

日本人の公認サンタクロースって誰?

吉本興業所属の『パラダイス山元』さん、がアジア圏で唯一の公認サンタクロースです。

パラダイス山元さんはマンボミュージシャンであり、タモリさんから「芸能界で餃子を作らせたら一番上手!」と言われるほど、餃子通としても有名です。

1998年にグリーンランド国際サンタクロース協会の試験を見事合格し、公認サンタクロースに認定されました。


 

サンタクロースの公認試験の内容は?

受験の条件

  1. 結婚していること
  2. 子供がいること
  3. サンタクロースとしての活動経験があること
  4. サンタクロースとして、ふさわしい体型であること(衣装、装備込みで体重120kg以上)
四児パパ
体重120kg以上って、これキツくない?

 

試験内容

正装での移動

自宅から試験会場までサンタクロース姿で移動しなければなりません。

 

①体力測定

はしごで高さ2.8メートルの煙突に登り、煙突から暖炉に降り、モミの木の下にプレゼントを置くこと!

暖炉上のクッキー6枚、牛乳568mlを完食し、暖炉から煙突を通り、脱出!

はしごで煙突から降りたら50mダッシュでゴールへ!

ここまでが制限時間2分以内です。

四児パパ
2分以内⁉︎めちゃくちゃ厳しくない?武井壮でも無理でしょ⁉︎

 

②長老サンタクロースとの面接

体力測定で2分以内にゴールした中から、さらに上位2名だけが、この「長老サンタクロースとの面接」に進めます。

面接では英語かデンマーク語にて自己紹介をしなければなりません。語学堪能であることも、サンタクロースの必須条件ということですね。

 

③身だしなみ、装備品の審査

出身地の伝統や風習に基づいた自作の衣装であること、がチェックされます。

自作であること、という条件があるので、楽天やAmazonで購入した衣装では不合格とされるかもしれません。

 

④宣誓文の読み上げ

宣誓文は古文で書かれています。それをサンタ語?である「HO HO HO」で全て読み上げなくてはいけません。

そして面接に参加している公認サンタ全員が納得するまで、合格とは認められません。

ここまでくると知識、技術というより、思いの強さが相手に伝わるかということでしょうね!

ここまでの試験科目をクリアすると、ようやく公認サンタクロースとして認められます。予想以上に難しい試験ですね・・・。

 

まとめ

ということで、冒頭の子供からの質問に戻ります。

「パパ、サンタクロースって本当にいるの?」

「いるよ!世界中にサンタさんはいるし、日本にもいるんだよ!」

これが僕の答えです。

今回の記事を読んでサンタクロース試験に興味が出てきましたが、まずは体重120kgというのがかなりハードルが高いな・・・と思う四児パパ@おとんでした。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら