「週刊少年ジャンプ展Vol.2(第2弾)」2018年3月公開予定、展示予定の作品情報や来場者プレゼントは?




こんにちは、四児パパ@おとん(雄豚)@4little_pigsです!

週刊少年ジャンプの創刊50周年を記念して、現在「週刊少年ジャンプ展」が開催されています。このジャンプ展は「Vol.1(第1弾):創刊〜1980年代」「Vol.2(第2弾):1990年代」「Vol.3(第3弾):2000年代」と3回に渡って開催されます。

今回はVol.2(第2弾)の1990年代をテーマとした「週刊少年ジャンプ展」について、現時点で入手している情報と、Vol.1の内容から推測するVol.2(第2弾)の展示内容についてご紹介します。

 

「週刊少年ジャンプ展Vol.1 伝説のはじまり」についてはこちらで紹介しています。

「週刊少年ジャンプ展Vol.1(第1弾)」六本木ヒルズの混雑状況、感想【ネタバレあり】

2017.08.11

 

日程・会場など基本情報

イベント名

 創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃

一般公開会期

 20183月~6

会場

 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー 52階)

 

週刊少年ジャンプ展Vol.2(第2弾)の展示作品

気になる展示作品ですが、現在確定しているのはこちらの1990年代を代表する5つの作品です。

どれもこれも、誰もが知っている日本の名作ともいえる作品ですよね。この5作品だけでもお腹がいっぱいになりそうです!

  1. DRAGON BALL/鳥山明
  2. SLAM DUNK/井上雄彦
  3. 白書/冨樫義博
  4. るろうに剣心明治剣客浪漫譚/和月伸宏
  5. 王/高橋和希

 

続きまして、ここからは私の勝手な予想です。というか、こうであったら嬉しいな、という思い入れのある作品を並べてみました。いかがでしょうか?

  • DRAGON QUEST –ダイの大冒険稲田浩司三条陸堀井雄二
  • 花の慶次雲のかなたに原哲夫隆慶一郎
  • 珍遊記太郎とゆかいな仲間たち画太郎
  • 超機動暴発蹴球野郎 リベロの武田/にわのまこと
  • 究極!!変態仮面/あんど慶周
  • BØY –ボーイ/梅澤春人
  • NINKU –忍空/桐山光侍
  • とっても!ラッキーマン/ガモウひろし
  • 地獄先生ぬ~べ~/岡野剛・真倉翔
  • みどりのマキバオー/つの丸
  • セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん/うすた京介
  • 封神演義/藤崎竜
  • 世紀末リーダー伝たけし!/島袋光年
  • ONE PIECE尾田栄一郎
  • ROOKIES/森田まさのり
  • ホイッスル!/樋口大輔
  • シャーマンキング/武井宏之
  • ヒカルの碁/小畑健

Vol.1の最後に「ダイの大冒険」が数枚ほど原画展示されていましたが、Vol.2ではメインとなって展示されるのではないでしょうか。また、「ONE PIECE」は既にVol.3のメインとして発表されていますが、連載開始当初の原画などが展示されるのでは、と予想しています。

サッカー好きの私としては樋口大輔さんの『ホイッスル!』、こちらの原画とか見れたら嬉しいな、と思っています。ちなみに未だに全巻持っていて、たまに1巻から読み直します。読み始めたら止まりません・・・。

 

展示内容

Vol.1と同様に原画を中心に展示されることが予想されます。

また、この頃はアニメ化、映画化、ゲーム化などジャンプ漫画から別のコンテンツへと展開されていたので、こういった物も一緒に展示されるのではないでしょうか。

動画コーナーも注目ですね!音楽と映像が一体化、さらにVol.1のキン肉マンのようにキャラクターのオブジェも作られるのではないかと思います。

 

チケット

Vol.1では2か月前513日から前売り券が発売されました。

通常券だけでなく、特製プリント付券、さらに限定のピンズセット券も発売されました。特に限定のピンズセット券は早い者勝ちなので、発売日がわかり次第購入するべきです。

今回のVol.2も同様に2か月前に発売開始されると予想されます。20181月の中旬頃に前売り券として情報公開されるのではないでしょうか。

また、オープンした最初の2日間に先行公開ということで、プレビューディというのが設けられます。こちらは日付指定ありの券となっていて、枚数制限もあるので、いち早く見に行きたいという人はプレビューディ券を狙ってみてはいかがでしょうか。

 

来場者プレゼント

Vol.1では来場者に11枚ずつ、ステッカーがプレゼントされていました。

Vol.2でも同様に来場者にプレゼントがあるのではないでしょうか。ランダムで貰えると面白いですよね、ステッカーあたりが貰えるのかな。

 

コラボ企画

Vol.1では隣接しているカフェとの提供によりコラボバーガーが販売されていました。代表的な作品をモチーフとしたハンバーガーは見るだけでも楽しく、多くの来場客が展示会の後に寄っていました。

Vol.2でも何かしらコラボはあると思います。カフェだけでなく、六本木ヒルズの店舗との企画というのはいくらでも考えられることなので、こちらは情報公開が待ち遠しいとこですね。

 

まとめ

「週刊少年ジャンプ展Vol.1」がまだ終了していないにもかかわらず、既に「週刊少年ジャンプ展Vol.2(第2弾)」への期待、予想が様々なところで出回っています。これは一重に週刊少年ジャンプという巨大な漫画コンテンツが、多くの人の日常となり、これまでの人生に何かしら影響があったという証拠ではないかと思います。

私もジャンプの作品には今もなお触れています。これは幼い頃に漫画やアニメで見ていた、キャラクターやストーリーに惹かれ、それが今なお続いているからです。

1990年代の作品は私にとっては、まさに青春時代ど真ん中の作品が多数あるので、本当に期待が大きく、待ちきれません!

最新の情報を入手次第、こちらも更新していきます!

 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら