「週刊少年ジャンプ展Vol.3(第3弾)」2018年7月公開予定、展示予定の作品情報は?




週刊少年ジャンプの創刊50周年を記念して、現在「週刊少年ジャンプ展」が開催されています。

このジャンプ展は

  • Vol.1(第1弾):創刊~1980年代
  • Vol.2(第2弾):1990年代
  • Vol.3(第3弾):2000年代~

と3回に渡って開催!

今回はVol.3(第3弾)の2000年代~をテーマとした「週刊少年ジャンプ展」について、現時点で入手している情報と、Vol.1の内容から推測するVol.3(第3弾)の展示内容についてご紹介します。

 

日程・会場など基本情報

イベント名

 創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.3 2000年代~、進化する最強雑誌の現在

一般公開会期

 20187月~10

会場

 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー 52階)

週刊少年ジャンプ展Vol.3(第3弾)の展示作品

気になる展示作品ですが、現在確定しているのはこちらの2000年代~を代表する5つの作品です。

どれもこれも、誰もが知っている日本の名作ともいえる作品ですよね。この5作品だけでもお腹がいっぱいになりそうです!

  • ONE PIECE/尾田栄一郎
  • NARUTO –ナルト/岸本斉史
  • DEATH NOTE/小畑健
  • 暗殺教室/松井優征
  • ハイキュー!!/古舘春一

 

続きまして、ここからは私の勝手な予想です。というか、こうであったら嬉しいな、という思い入れのある作品を並べてみました。いかがでしょうか?

  • BLACK CAT/矢吹健太朗
  • ピューと吹く!ジャガー/うすた京介
  • ボボボーボ・ボーボボ/澤井啓夫
  • いちご100%/河下水希
  • アイシールド21/村田雄介
  • 銀魂/空知英秋
  • 家庭教師ヒットマンREBORN!/天野明
  • D.Gray-man/星野桂
  • 魔人探偵脳噛ネウロ/松井優征
  • To LOVEとらぶる/矢吹健太朗
  • SKET DANCE/篠原健太
  • ぬらりひょんの孫/椎橋寛
  • トリコ/島袋光年
  • バクマン。/小畑健
  • 黒子のバスケ/藤巻忠俊
  • ニセコイ/古味直志
  • 斉木楠雄のΨ難/麻生周一
  • 食戟のソーマ/佐伯俊
  • ワールドトリガー/葦原大介
  • 火ノ丸相撲/川田
  • 僕のヒーローアカデミア/堀越耕平
  • ブラッククローバー/田畠裕基
  • 約束のネバーランド/出水ぽすか
  • Dr.STONEBoichi

展示内容

Vol.1と同様に原画を中心に展示されることが予想されます。

また、最近ではアニメ化、映画化などジャンプ漫画から別のコンテンツへと展開されていたので、こういった物も一緒に展示されるのではないでしょうか。

動画コーナーも注目ですね!

音楽と映像が一体化、さらにVol.1のキン肉マンのようにキャラクターのオブジェも作られるのではないかと思います。

チケット

Vol.1では2か月前513日から前売り券が発売されました。

通常券だけでなく、特製プリント付券、さらに限定のピンズセット券も発売されました。特に限定のピンズセット券は早い者勝ちなので、発売日がわかり次第購入するべきです。

今回のVol.3も同様に2か月前に発売開始されると予想されます。20185月の中旬頃に前売り券として情報公開されるのではないでしょうか。

また、オープンした最初の2日間に先行公開ということで、プレビューディというのが設けられます。こちらは日付指定ありの券となっていて、枚数制限もあるので、いち早く見に行きたいという人はプレビューディ券を狙ってみてはいかがでしょうか。

来場者プレゼント

Vol.1では来場者に11枚ずつ、ステッカーがプレゼントされていました。

Vol.3でも同様に来場者にプレゼントがあるのではないでしょうか。ランダムで貰えると面白いですよね、ステッカーあたりが貰えるのかな。

コラボ企画

Vol.1では隣接しているカフェとの提供によりコラボバーガーが販売されていました。代表的な作品をモチーフとしたハンバーガーは見るだけでも楽しく、多くの来場客が展示会の後に寄っていました。

Vol.3でも何かしらコラボはあると思います。カフェだけでなく、六本木ヒルズの店舗との企画というのはいくらでも考えられることなので、こちらは情報公開が待ち遠しいとこですね。

まとめ

「週刊少年ジャンプ展Vol.2」がまだ開始していないにもかかわらず、既に「週刊少年ジャンプ展Vol.3(第3弾)」への期待、予想が様々なところで出回っています。

2000年代の作品は僕が今もなお、週に一度の楽しみとして購読している作品が多数あります。

どの作品が、どのような形で展示されるのか、今から楽しみですね。

最新の情報を入手次第、こちらも更新していきます!

 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら