新潟・十日町雪まつり2018!日程や見どころは?




日本全国の豪雪地帯と呼ばれている地域で行われている「雪祭り」。たくさんの雪を使って作られる壮大で豪華な雪像には圧巻ですね。

それぞれのお祭りで地域の特色も見ることができる、冬ならではのイベント。その雪まつりの中で、今回ご紹介したいのが「新潟・十日町雪まつり」です。

新潟は、日本有数の豪雪地帯として有名ですよね。その新潟の町の中で、多い年には23メートルの積雪もあるという十日町。

そして知られているのは雪の量だけではありません。

ここは「魚沼産コシヒカリ」の産地としても有名。そんな十日町の冬と、食文化を思う存分味わえるイベントが、「新潟 十日町雪まつり」なのです。

こちらは、日本で最初に開催された雪まつりで、始まったのは1950年からという歴史のある冬のイベント。

寒い十日町の冬を楽しく、そして訪れる人も地元の人も元気になるイベントをご紹介いたします。

 

十日町雪まつり2018の基本情報

開催日時:2018216日(金)1800218日(日)1600

場所:十日町市城ヶ丘ピュアランド特設会場 他  新潟県十日町市学校町1丁目760

アクセス:

・上越新幹線越後湯沢駅乗換、ほくほく線で十日町駅から徒歩30分(イベント期間中は循環バスが 運行。1日乗り放題300円)

人手数:約30万人

駐車場:
・第1駐車場 十日町建設会館および十日町地域振興局
・第8駐車場まであり無料

問い合わせ先:十日町雪祭り実行委員会

公式サイト:http://snowfes.jp

 

十日町雪まつり2018の見どころは?

では、「新潟・十日町雪まつり2018」の見どころをご紹介しましょう。

こちらのような精巧に作られた迫力のある雪像が70点ほども並べられます。歴史的な建造物をモチーフにしたものや、子供も喜ぶキャラクターものなどバラエティーに富んだオブジェの数々を鑑賞することができます。迫力も十分ですね。

そして3日間の雪まつりの期間中には、さまざまなイベントも行われますよ。

雪上カーニバルでは、メインになっている巨大ステージで、さまざまなショーが開催され、歌やダンスなど見せ場たくさんの賑やかな光景が繰り広げられます。

また、一番人気のイベントといえば、この花火大会。雪上ステージで盛り上がっている中、ご覧のように、豪華できらびやかな花火が打ち上がり、ムードをいっそう盛り上げてくれます。

花火といえば夏に浴衣を着て見る、というイメージが一般的ですが、雪の中で防寒着を着てみる花火も圧巻ですよ。

そして、真っ白な雪の雪像は、星空の下でライトのように周りを照らし神々しさすら感じさせる眺め。その中で打ち上げられる花火はとても幻想的で感動すること間違いなしの光景が目の前に広がります。

期間中に行われる雪上カーニバルには、お笑いタレントや、シンガーなど豪華なゲストも出演します。興味がある方は、日程が近づいたらホームページでチェックしてみましょう。

会場のひとつ、お祭り広場では、地元料理を味わったり、雪上茶席を楽しんだり、お子さんも大喜びの、雪の滑り台、運動会などのイベントも開かれています。

 

十日町雪まつり2018知っておくと便利な情報

豪雪地帯の十日町。服装はもちろん極寒地域の対策を。ブーツ、ダウン、手袋、マフラーそしてニット帽もあるといいでしょう。

また「十日町雪まつりパスポート」というものがあり、期間中の会場の移動、イベントの優待ゾーンチケットにもなるものがセットで販売されているので、こちらを入手するとお得に楽しめます。

(前売り2500円、当日3000円で JR東日本みどりの窓口や、コンビニで販売)

 

十日町雪まつり 穴場スポット2

①名代生そば 由屋

住所:新潟県十日町市土市第4

十日町に来たら、やはり有名な「へぎそば」を食べていただきたいもの。こちらは十日町の人気そば屋さんです。へぎそばというのは、この地方の特徴的そばで、そばに海藻がねりこまれていて、独特の食感が人気。一口ずつ食べやすいように小分けで提供されています。

 

②タナカクマキチ。

住所:新潟県十日町市昭和町4-2F

十日町にあるカフェレストラン。「津南ポーク」や「津南峡舞茸」などの地元の味が楽しめます。お子さん連れでも安心して入れる店内で、ボリュームのあるメニューと美味しさで地元民からも人気です。

 

さいごに

いかがでしたか?

新潟十日町で、寒さも忘れるような素敵なイベントをぜひ体験してもらいたいですね。歴史のあるイベント、雪まつりの原点がここ「十日町雪まつり」です。

自然の美しさと壮大さ、そして冬の寒さを十分に感じながらも、心はほっこりと温まる、十日町の雰囲気を味わいにでかけてみませんか?












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら