【順延なし中止決定】鶴見川花火大会2017!見どころ、四児パパおすすめの穴場5選!!




注意

花火大会は雷雨のため、中止となりました。

2017年8月20日(日)への順延もありません。


 

 

こんにちは、四児パパ@おとん(雄豚)@4little_pigsです!

「鶴見川花火大会」は、横浜市鶴見区で行われている「鶴見川サマーフェスティバル」のフィナーレとして毎年開催されています。

「鶴見川サマーフェスティバル」は日中から開催されている人気イベントなので、地元の人だけではなく東京などからも人が集まってきます。

特に今年は鶴見区制90周年ということで、例年よりも盛り上がるのではないでしょうか!

また、同じ日に「第76回川崎市制記念 多摩川花火大会」「第39回世田谷区たまがわ花火大会」も開催されるので、花火目当ての人が分散さます。

「鶴見川花火大会」は意外と穴場の花火大会になっているので、子連れファミリーにはオススメの花火大会になります。

今回は、「鶴見川花火大会」の見どころと穴場スポットについてご紹介します!

 

鶴見川花火大会の基本情報

イベント名 第31回鶴見川サマーフェスティバル・鶴見川花火大会
開催日時 2017年8月19日(土) 19:00〜19:45
※荒天の場合は8月20日(日)に延期
打ち上げ数 約1,700発
打ち上げ場所 佃野公園周辺
有料席 あり
アクセス方法 <電車>

  • JR鶴見駅から徒歩15分
  • 京浜急行鶴見駅から徒歩15分
交通規制 あり
お問い合わせ先 鶴見川サマーフェスティバル実行委員会
TEL:045-521-8288
公式ホームページ http://tsurumigawa.com/

 

鶴見川花火大会の見どころ

様々な種類の打ち上げ花火による楽しみを凝縮した花火大会、たくさんの屋台も出店しています。屋台で自分の好きな食べ物を買い、花火を見物を楽しんでいます。

花火の打ち上げ数は約1700発と他の花火大会と比べると少ないと思われるかもしれませんが、45分間に凝縮されフィナーレを飾るスターマインは多くの人が楽しみにしています。

また、朝から開催している「鶴見川サマーフェスティバル」はイベントが多く、内容も盛りだくさんなので、花火の時間も45分ぐらいがちょうど良いかもしれませんね。

イベントスケジュール

  • 09:4515:00Eボート等体験
  • 10:0015:00:鶴見川クルーズ
  • 11:3019:30:模擬店・企業PRブース
  • 13:0018:20:鶴見川コンサート
  • 18:2018:30:鶴見消防団90口放水(90周年記念)
  • 19:0019:45:鶴見川花火大会

 

鶴見川花火大会の穴場スポット5選

①イトーヨーカドー鶴見店 屋上駐車場

  • 最寄駅:鶴見駅から徒歩13
  • 打ち上げ場所との距離1,200m1.2km

当日は16時頃から屋上が無料開放されます。

飲み物、食べ物を買うこともできますし、店舗のトイレも使えるので、子連れパパママも安心して花火を見ることができますね。

駐車場も無料なので、家計にも優しく、何一つ文句のないスポットです。

 

②鶴見川橋

  • 最寄駅:鶴見駅から徒歩11
  • 打ち上げ場所との距離450m

鶴見川にかかる鶴見川橋なども、立ち見にはなってしまいますが、メイン会場よりも混んでおらず、打ち上げ場所から近く穴場スポットになっています。

 

③鶴見駅周辺

  • 最寄駅:鶴見駅から徒歩0
  • 打ち上げ場所との距離1,000m1.0km

鶴見川花火大会は鶴見駅周辺からも見ることができます。花火終了後の帰りは混雑すること必須です。帰りの混雑が気になる場合は、駅周辺で花火を見上げるというのもオススメ手段の一つですね。

 

④佃野公園(つくのこうえん)

  • 最寄駅:鶴見駅から徒歩10
  • 打ち上げ場所との距離300m

日中からイベントが開催されているので、とても賑わっています。メイン会場となるので、空いているとはいえませんが、打ち上げ場所からとても近く、花火の迫力は満点のスポットです。

 

⑤有料席

企業、商店、団体だけではなく、個人からも協賛金を募っています。支援者の方には観客席が用意されるので、場所取りの心配がなくなります。

個人では一口5,000円で、観客席は2席確保されます。先着順で定員数を超えると受付が終了となるので、ご注意ください。

 

花火大会-場所取りのコツ!何時間前からがオススメ?トラブルを避けるためには?

2017.07.23

花火大会であると便利な持ち物まとめ!子連れ、デートでも大活躍なおすすめグッズはこれだ!

2017.07.22

 

まとめ

夏祭り「鶴見川サマーフェスティバル」と同時開催である「第31回鶴見川花火大会」は、鶴見区制90周年ということもあり、今年は例年とは違う盛り上がりが予想されます。

同じ日にいくつも花火大会が開催されるため、意外と穴場となっています。子連れファミリーにはぴったりのイベントとなっているので、ぜひ楽しんで来てください!












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら