湯河原梅まつり・梅の宴2018!開花状況や日程は?




神奈川県湯河原の梅まつりは、「梅の宴」とも呼ばれているほどの梅の名所です。

4000本の紅梅、白梅の2色が咲き乱れ、まるで梅の絨毯のような美しさ。梅の香りに包まれながら、少しずつ春を感じるのは非常に風情がありますね。

湯河原ではさまざまなイベントも行われており、楽しさも満点です!

今回は、そんな『湯河原の梅まつり2018』について紹介していきます!

 

湯河原梅まつり・梅の宴2018の基本情報

開催期間:平成3023日(土)~311日(日) (9001600)

場所:神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋951-1

アクセス:
<電車>
JR東海道本線湯河原駅から梅の宴期間中運行される臨時バス「湯河原梅林」行きに乗車し、幕山公園バス停下車徒歩10分(大人250円)

<車>
・東京方面から:東名厚木IC・小田原厚木道路を経由して約2時間
・名古屋方面から:東名沼津IC・熱海函南道路を経由して約6時間

本数:約4,000

駐車場:第1駐車場から第6駐車場まであり(有料)

問い合わせ先:0465-63-2111 湯河原町まちづくり部 観光課

公式サイト:湯河原温泉観光協会ホームページ http://www.yugawara.or.jp/event/details.php?log=1384137943

湯河原梅まつり2018の見頃時期、開花状況は?

例年の見頃時期は33日から10日にかけてがピークです。

しかし、梅まつりは2月から行われていますね。

梅が満開になるのを見たい方は梅まつり後半の3月頃を狙っていくと気温も低すぎず、綺麗な梅の花を見られると思いますよ。

 

湯河原梅まつり2018の見どころは?

湯河原の梅まつりはなんといっても、イベントがとにかく多いです!

2017年のイベントスケジュールには、オープニングセレモニー芸妓の舞から始まり、太鼓の演奏や狂言、プロジェクションマッピングなどの見て楽しむイベント。自然アートづくり、かわり雛づくり、ハイキングなどの体験型のイベント(一部有料あり)。ハイキングと婚活イベント「梅コン」も行われ、大いに盛り上がりを見せました。

これだけイベントが多いと、何度も行きたくなってしまいますよね。お子様連れの方には体験型のイベントが大人気ですよ!

それぞれ期間が決まっているので、参加したいイベントをチェックしておき、うまく予定を組みましょう。

また、公式ホームページでは梅の開花情報などを写真付きで載せているため、うっかりピークを過ぎてしまった‥なんてことにならないように、こまめに確認してください!

会場には売店もあり、限定の「梅ソフトクリーム」や、新名物の「たんたんたぬきの担々焼きそば」などが食べられます。柑橘類や軽食などもあるので、色々選べそうですね。

休憩所もあるので、疲れたらちょっと一休みするのにもいいですね。観光案内所もあるので、ぜひ立ち寄ってみてください!

 

湯河原梅まつり2018の混雑状況は?

湯河原梅まつりでは、見頃の時期になるとライトアップを行なっています。

2018年は224(土)から34日(日)がライトアップされており、時間は18002030まで。

なので、この時期に行くと各地からライトアップをお目当てにくる方が多いです。どうしても混雑したくない方は、この時期は避けた方がよいでしょう。

 

湯河原梅まつり 周辺のおすすめスポット3

①万葉公園

住所:神奈川県湯河原町宮上566

オススメポイント:日本の歴史公園100選にも選ばれた公園です。独歩の湯という足湯コースがあり、9種類の足湯を楽しむことができます。景色と足湯でリラックスできること間違いなし♪

 

②不動滝

住所:神奈川県湯河原町宮上750

オススメポイント:藤木川にかかる落差15mの滝で、神秘的な雰囲気!近くには茶屋があるのでふらっと立ち寄るのにぴったりです。

 

③こごめの湯

住所:神奈川県湯河原町宮上562-6

オススメポイント:万葉公園に隣接した温泉で、露天風呂と内湯の2種類が楽しめます。軽食の持ち込みができるので、休憩をすることもできますね。風情のある温泉なので行ってみてください。

 

さいごに

湯河原の梅まつり、いかがでしたでしょうか?

イベントが多いと飽きずに過ごせるので嬉しいポイントですよね!ご当地グルメも食べられるなんてお腹も心も満たされて癒されること間違いなしです♪

梅のライトアップもなかなか他では見られないので、気になった方はぜひ時期を合わせていってみてください!

3月といえど、まだ寒さが残るため暖かい格好で出かけてくださいね。












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四児パパ@おとん(雄豚)

子連れ再婚により二児から四児のパパに!キャリアウーマンの嫁と手を取り合って毎日のように起きる事件(子育て)を解決しています。普段はサラリーマン、自宅では熱血主夫のアラフォーパパ。 →詳しいプロフィールはこちら